川越まつり

東京のお隣(北西に位置する)埼玉県は川越市にて
似顔絵師として活動している西島好調です。

11月18日(土)19日(日)の2日間に渡り、川越祭りが開催されました
(毎年11月の第3土、日曜日です)
DSC_1143
川越祭りは慶安(1648-1651)元年の氷川神社祭礼が始まりとされ、360年のあいだ形を変えつつ続いてきました。
DSC_0597

DSC_0612

川越まつり会館には昔の祭りの様子が絵巻として残されているのですが、ねぶたのような山車も描かれていて、試行錯誤を経て現在の形に辿り着いことを窺い知ることが出来ます。

DSC_0595

完全に祭りの紹介になってしまってますね。

DSC_1117

祭りの様子と似顔絵を、交互にご紹介させて頂きます。

colle_kawamatsuri

子供たちが手にしているオモチャやお面に「妖怪ウォッチ」なるアニメの商品が多く見受けられたのですが、かなり流行っているみたいですね。
6~7人はジバニャン、コマサンこすぷれ(作中に登場する人気キャラクター)で描きました。

幸町、小狐丸(小鍛冶)の山車です。
山車の向いている方向に雪塚稲荷神社があるため
お囃子を鳴らしながら暫く静止していました。
DSC_1136
こちらは松江町、浦島太郎の山車
DSC_1202

DSC_1204

祭り開催中は、川越市街全域で車両通行止めの交通規制がかかります。いつもは蔵の街を走るバスで、私の目の前を通勤されている女性が(似顔絵右側)来られました。
DSC_1259
facebookにも載せて頂きましたよ。有難う御座いました!

六軒町、三番叟の山車

DSC_1179

私が個人的に一番好きなデザインの仲町、羅陵王の山車です。

DSC_1250

幸町、翁の山車

DSC_1160

私が似顔絵を描いている様子を仙人がずっと傍らに立ちつくし、無言で眺めていました。
仙人は週4日、1日20kmを走り、世界中の主要なマラソン大会を走破する胆力の持ち主で、元ホンダのエンジニア、ホンダが自動車を作る以前から(バタバタという原動機付き自転車を売っていました)海外に赴任して、製品のサポートをされていたそうです。
DSC_1255
海外には船で行く時代。
当初、英語は簡単な日常会話が出来る程度だったのにも関わらず、英語はもちろん、自国文化へのプライドが高く、英語を理解出来ても話したがらないヨーロッパの人達(ドイツ、フランス人)ともコミュニケーションをとる必要があったとか(欧州に留学した人から似たような話は聞きますね)
帰国後も大学に入り直し、スペイン語などを修得され、現在はボランティアで外国人に日本語を教えていらっしゃるそうです。
雰囲気や話し方が宮崎駿さんに似ていました。
(お髭とメガネのせいもありますかね)
こういう鉄人達が全盛期の日本を築き上げたのですね。納得です。

猩々の山車

DSC_1243

川越にお立ち寄りになられた際に何度か(3回目)描かせて頂いている大森さんです。
かなりキャラの濃い方で、大正時代の作家さんのようなお話しの仕方をされます。
(実際に文章を書く事もお仕事の中でされています)
今までは真面目な感じで描いてしまったので、ちょっとおどけた感じで描いて見ました。
DSC_0112
描いている途中で、ひょっとこにしようと思ったのですが、
踊りを何も見ずに適当に描いてしまったため変なポーズになっちゃいました。
ブログ(文読む月日)で川越祭りのことが書かれていているのですが
なかなか凄まじい文章力ですね。
(特に私らしき似顔絵描きが登場するところが–;プレッシャーを感じますね)

夜になっても山車の巡行は続きます。
山車の引き手たちが「そーれ!そーれ!」と掛け声を出し続けます。

DSC_1283

フランスから来られた男性です。
ドラゴンボールが大好きなので、スーパーサイヤ人で描いて欲しいとリクエスト頂きました。
優しいお顔をされているのですが、フラッシュの瞬間にスーパーサイヤ人モードのキリットしたお顔になりました。
DSC_1218
韓国から来られた交換留学中の女性です。
こちらもご本人の強い御要望により、クマモンでお描きしました。
DSC_1227

山車が辻で鉢合わせになると、それぞれ山車の上部が回転してお囃子と踊り手が相対します。互いに踊り合い、山車の間にちょうちんを持った人が集まり歓声をあげます。
これが「ひっかわせ」で祭りの盛り上がりどころです。

DSC_1271

夜10時が近づくと、山車はそれぞれの町に帰っていきます。

DSC_1262

私も片付けを終えて家路につきました。
祭りは一年間頑張った人の大打ち上げ大会のようなものですね。
数ヶ月前から祭りの準備がはじまるようです。
一年を通してお囃子の稽古をされる方もいらっしゃいます。

来年はさらに良い絵が描けているよう私も頑張ります。
ちょっと長いブログになってしまいましたが
お読み頂き有難うございました。

秋の似顔絵

ーマ:似顔絵
埼玉県は川越市で活動している似顔絵師、西島です。

最近描かせて頂いた似顔絵を
またまたご紹介させて頂きます。

DSC_0998
「似顔絵を見かけると必ず描いてもらうんだ」という
山形県からお越しになられた男性です。
綺麗な標準語でお話されていたので「山形訛りが全くりませんね」と言うと、
堰を切ったように山形弁で喋り始めました。
聞き取れない部分があるのが何とも嬉しいですね。

DSC_0999
こちらのご夫婦も似顔絵は何度か描いて貰った事があるそうで、
と言われると微かなプレッシャーと感じるのですが
私なりの絵で描けばいいだろうと思い、明るいマンガタッチで描いてみました。

スマホに保存されていた似顔絵を数点見せて頂きましたが、
皆、好き勝手に伸び伸びと描いていましたね。

DSC_0994
お母さんと赤ちゃんで来られました。
作画中に赤ちゃんがよだれを垂らしたので、
とっさに絵の中に描き足しました。
赤子は表情を作らないので、ありのままの姿を捉えるといいですね。

DSC_0977

お嬢様とお父様がつぶら過ぎる瞳をされているのが印象的でした。
ご本人様はもっとつぶらなのですが、とくにお父様が、、
力不足です。
1013_2
お越しになって下さったお客様
有難う御座いました!
1012
今週末18日(土)19日(日)は年間で一番人が多くなる川越祭りが開催されます!
皆様、是非!

最近お描きした似顔絵

埼玉県は川越市で
似顔絵師として活動している西島です。

またブログ更新間隔が開いてしまいました><; 最近お描きした似顔絵を掲載します。 DSC_0758
台湾からお友達と来られた女性です。
スマップのコンサートに来られたついでに
川越にお立ち寄りになったのです。
(台湾からのお客様は本当に多いですね
日本のドラマ等をよく見ていて
ある程度日本語が解る方も多いですね。)

DSC_0713
フレンチブルの海君です。
暑さのため口を常に開けているのですが
飼い主さんは閉じ口で描いて欲しいということで
ソファに顎を埋めた携帯の画像を見ながらの作画となりました。

DSC_0757
ご家族初の似顔絵を描かせがて頂きました。
ちょっとバランス等がちぐはぐに
なってしまったのですが><;
勉強しておきますので、また描かせて下さいませ!

DSC_0762
カメラがご趣味のいしいさんをお描きしました。
日本、海外を巡りながら風景やお祭りを撮っていらっしゃるそうです。
ちょっとふっくら描いたので、そこを気にされていました。

DSC_0837
ロンドオリンピックテコンドー日本代表のお二人を
描かせて頂きました。といっても観光を楽しむ
普通の若いお嬢さんという感じで、お話をしているうちに
凄い人なんだと解ってきました。
お名前をお伺いして、後でネットで検索させて頂いて
更に凄い方達だということが判明しました。
(凄い人ほど謙虚で明るくて、自分をひけらかすような態度を取らないものなんですね)

DSC_0708
造園会社の社長さんです。
盆栽もやられていて、盆栽雑誌にインタビューも
載るほどの腕前の持ち主なのです。

このお客様の助言によって、私が大変お世話になっている方が
抱えていた「お庭に関する悩み」が解決に向けて一歩前進しました^^
なんでも一流の人に助言を求めたほうがいいのですね。

DSC_0734
似顔絵は初めて描いて貰うという大学生さんです。
気に入って頂く事が出来てよかったです。
おもしろ可愛いタッチがいいみたいですね。

DSC_0949
バイト時代のラーメン屋さんでお友達になったお二人です。
ラーメン時代の厨房へのオーダーをひたすら連呼されていました。
現在は、それぞれ保育園で栄養士
デイケアサービスセンターで介護職をされています。

写真のとおり、とてもテンションが高い方達なので楽しかったです。

DSC_0943
かなり爽やかな大学生カップルさんです。
彼氏さんが英語の教員、彼女さんが幼稚園の先生
になられるそう。柔和なお人柄なので
狭堅苦しい日本の教育界に、とてもいい効果をもたらして
くれるのではないでしょうか。楽しみです。

DSC_0856
はるばる沖縄から大成功を収めるために
関東へやって来た仲村さんです。
「職場の同僚が異動になるため皆でプレゼントを贈りたい、
ひょっとしたら彼女さんと来年結婚するかもしれないんだけど、
まだわからない」ということで
ご同僚様のFacebookから勝手に取ってきたという画像を
参考に、プレゼントっぽい感じを目指して作画しました。
仲村さんはシーサーにして、お二人の間に挟み込んでみました。

完成後に写真を撮って(左側の写真)
「眠そうな目で写ってますけど、ブログにUPしていいですが?」と聞くと
「もっといい顔しますんで!一緒に撮りましょう!!」と言われたので
一緒に何枚か撮りました。
仲村さんは口が開きました。ただ全部絵が白飛びしてます。
(お客様から「絵と一緒に写真を撮ってください」と
スマホを渡されることが多いのですが、
iphoneはとにかく綺麗に写りますね
いかなる天気でも人物と絵の露出が綺麗に合います。馬鹿売れするわけです)
「わたしも仲村さんと一緒に写真に映りたい!」という人は
仲村さん行きつけのお店、川越駅近くの沖縄料理店
「うりずんの風」に行ってみて下さい

名称未設定-1
他にも沢山のお客様を描かせて頂きました。
頑張るぞ!

それでは、お読み頂き有難うございました。

関東は東京都の隣、埼玉県川越市で活動している似顔絵師、イラストレーター、漫画家 西島好調のサイトです。